むかしむかし、
私は映画が大好きで、よく見に行く子でした。

『フライドグリーントマト』、
ご存知ですか?

『ミザリー』のキャシーベイツが、主婦役で出ているのですが、
彼女が知り合った女性(高齢)に教えてもらう食べものが、
この「フライドグリーントマト」。

青いトマトをフライで揚げるだけ、なのですが、
「とっても美味しいっ!」とのこと。



ずーっとずーっと、
どんな味なのかなぁ・・・、と憧れていました。









d0148347_01104452.jpg





農家さんのお料理教室、に初めて参加。
お目当ては、もちろん、「フライドグリーントマト」!
作るお料理の中に、その名前を見つけた時、「これは、行くしかないっ!」。(^^



青いトマトを1センチくらいに輪切りにして、塩を振っておき、
暫くしてその水気をキッチンペーパーで取ってから、小麦粉・卵・パン粉を付けて揚げます。
作り方は、とってもシンプル!



d0148347_01103038.jpg





でもね、
揚げたてのフライを一口噛んだ時に、
温かいトマトのタネの所のぐじゅぐじゅが口の中に広がって、
ジューシーで、とーっても美味しいっ!

これかー! という感じでした。


赤トマトだと、柔らかいため、フライは難しいらしいです。
(だから、硬めの青トマト、なんですね。)

参加した方々、みんな、
フライドグリーントマトは初めてだったけれど、
「美味しいっ!」「美味しいっ!」と連発。
でも、青トマトはお店では売っていないから、家で作るのは「難しいかな~」とのこと。



アメリカ南部で食べられているという、このお料理。
日本でも流行らせたいっ! とお料理教室主催の方は話していました。



フライドグリーントマトは、揚げたての方が、美味しいと思います。
お土産に幾つか持って帰ったのですが、
冷えたフライドグリーントマトを食べた旦那さんには、その美味しさを分かってもらえませんでした。(ノ_-;)

揚げたてかぁ・・・。
(と、遠い目。 (^^;)







d0148347_4463326.gif









この映画を見たのは、本当に随分前。
確か、本も読んだなぁ・・・。(ノベライズ、かな?)


久々に、映画を見たくなりました。(^^



って、TSUTAYAの会員期限、
滅多に行かないから、
切れてるんだよなぁ・・・。(ノ_-;)






by kaiju-3bikigawoo | 2017-08-02 01:42 | おいしいもの | Comments(4)

『君の名は。』






見てきました、お仕事が振り替えで、私だけがお休みだった平日に。
おひとり様で映画を見ることは、昔から結構好きで、
今回も、「絶対、この日に見に行くんだ!」と前々から計画して、楽しみにしていました。



おおよそのお話は知っていましたが、
後半、展開があり、そこからググッと目が離せなくなりました。
目が離せないばかりか、体も金縛り状態で、
映像と音楽とお話しに、身動きが取れなくなっていました。


そのくらい、入り込んでしまった。





リピーターが多い、と聞いていたけれど、
私もまた、見に行きたくなりました。

そのくらい、見終わって、色んなことを確認したくなってくる。
そして、何度も見たくなる映画だとも思う。


主役の2人が良かったのはもちろんだけど、
周りのキャラもとても良かった。

奥寺先輩、すっごくいい人で、三葉ちゃん同様、私も憧れてしまった。
声が長澤まさみさん。(!)
エンドロールで初めて知りました。
長澤まさみさんの声、すっごく合ってるって思った。
彼女の声は、『コクリコ坂から』のときも、いいな、と思いました。
声も素敵な女優さんって、いいですね。(^^




映像もとてもリアルで、きれいで、見とれてしまっていました。
彗星のシーンなんて、ため息が出てしまうほど、すっごくきれい。
とは言え、ちょっと音楽が大きかったかな。
盛り上がりのところなんて、画面から「おぉぉぉぉーーーっ」と波が襲ってくるように感じる。
「もうちょっと、音、小さくてもいいように思うんだけど。」
帰宅した旦那さんに話すと、
「音響がいいんだよ。」とのこと。

そっか。
音が大きいから、迫力は感じるのだけど、ね。


昔は全然、平気だったけれど、
場慣れ、なのかな。今は滅多に映画館に行かないから、音の大きさにドキドキしてしまった。






私と同じ、映画好きの旦那さん。
見たかったのかな、「〇〇(4男)、行くかなぁ~」と呟いていました。(笑)

小1の4男には、ちょっと難しいかもよ。(^^;





4男と行くのなら、
来月公開の、妖怪ウォッチ、かな。

お願いします。(^^;









by kaiju-3bikigawoo | 2016-11-07 23:59 | 映画 | Comments(2)