「和菓子のアン」




私の読書の選書は、新聞やネット、その他もろもろ(実家の母情報、など)で
読みたい本を探します。
その中から、いいなー、と思った作家さんの作品を読み続けたりもするので、
どちらかと言えば、偏っているかもしれない。(^^;


この日、4男と図書館へ行った際、
時間もあったので、ゆーっくりと、背表紙を順番に見て歩いていました。


そこで見つけてしまった、気になるタイトル。(!)



「和菓子のアン」





赤毛のアン・シリーズ??? とは、さすがに思いませんでしたが、(笑)
和菓子も、あんこも、赤毛のアンも大好きなので、
私にとって、これ以上ない、超・魅力的な題名です。

ちょっと厚めだったけれど、(最近、長編モノは疲れるので、短編を読むようにしています。)
表紙も魅力的だったので、借りてみることに。



私の好きな、日常のミステリーものだったこともあり、
また、登場人物もみな、いい人で、読後感も良かった!(これ、重要)
それに、恐れていた大長編ではなく、同シリーズの短編を幾つか、という組み合わせ。
ありがたい、ありがたい。(^^

厚めだった本も、あっという間に読んでしまい、
アンちゃんたちと会えなくなるのが淋しくなってしまったけれど・・・、
続編、出てたんですね。ありました。(^^

早速、図書館へリクエスト。
楽しみです。(^^





和菓子のアン

坂木 司/光文社

undefined






アンと青春

坂木 司/光文社

undefined






和菓子がとーっても、食べたくなります。
それと、和菓子屋さんに、とーっても行きたくもなります。(^^


私はデパートは詳しくないけれど、
大きなショッピングモールでバイトをしたことがあるので、
アンちゃんの店員さんとしてのお話しも共感出来ました。


ドラマ化しても、いいかもって、思うんですけど。(^^
どーかなー。(^^




名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kaiju-3bikigawoo | 2018-08-17 05:15 | | Comments(0)